スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • |
  • -
  • |
  • -

JCS見てきた

ジーザス・クライスト=スーパースターのジャポネスク版を見てきました。
面白かったです。

初めてこの作品を歴史劇として見た。
たぶん、ジーザスが実務能力が高そうに見えたこととか、周囲の誰に対しても、あまり個人的な感情を抱いていなさそうに見えたからなんだろうけど。
司祭たちを中心とする一派と、ジーザスをリーダーとする一派の勢力争いと、さらにその中の、ユダを中心とする一派と、マリアやペテロを含む(と、まとめてしまっていいのかは微妙だけど)一派との対立と。
ユダの一派は、自分たちこそがジーザスの意図を正しく理解しているのだという(知識階級ゆえの?)自負と、少数派であることの焦りとで、強攻策を取ったはいいものの裏目にでてしまった。
何となくそういう構図だと感じた。
そして、ジーザスはユダ派からもマリア・ペテロ派からも、司祭たちの思惑からも、さらに言うなら自派の思惑からも距離を置いて、そのすべてをじっと眺めているようだった。
まるで自分の死どころか、その先のことも見通しているみたいに。

ただ、逆にジーザスに迷いが見えなさすぎて違和感を感じたところもあった。
最後の晩餐〜ゲッセマネ〜逮捕、のあたりだとか、死の直前だとかの感情の動きが分からないというか。
何かの目的か理想かを持っているようにも見えるんだけど、それと神の意志に従うこととのあいだに、自分の中でどういう折り合いをつけたのか。

最後の晩餐の、「哀れな人よ理想は今あなたのために消えていく」からのユダの言葉は、ジーザスが自分の理想を叶えてくれないことに対する苛立ちと失望なのかな、と思った。
たぶんこのユダ(の一派)は、頭が切れて策を弄することを知っている分、他の素朴な考えしか持たない使徒だとかからは浮き気味で敬遠されているんだけど、ほんとうはかなり明確な理想(たぶん理想の社会?国?を作ること、かな)を持っていて、それを実現するためなら手段を問わないと思っているだけなんだろうな。
で、ジーザスにはその理想を実現する力があって、しかも同じ目的を持っているように見えたので、その思想に共鳴した。
それが実際には、自分たちの理想のために行動してくれなかったので失望する。
教団の頭脳だと自負していたにも関わらず、ジーザスに信任されない、自分たちの働きに報いてくれない、という思いもあったかもしれない。
たとえば他の使徒たちみたいに、何かすごい人だからついて行こう、そのついでにもしかしたら自分もちょっとは世に認められるかもしれないし、というぐらいの単純な考えでついて来たものなら、失望してもただ離れるだけなんだろうけど。
明確な意志があった分、失望がジーザスに対する怒りに変わったのかな、と。
それでも司祭たちに居場所を売ったのは、あくまでも荒療治であって、まだ諦めてはいないようだし、結局最後の最後まで、ほんとうにジーザスを裏切ることはなかったのかもしれないけど。
彼らにとっては、ジーザスの行動、というよりむしろ行動しないことは、もどかしくて理解できないことだったのかな。
頭は切れても、ジーザスと同じだけのヴィジョンを持つことはできなかった彼らにとって。

まあ、反対にジーザスからしてみれば、他の使徒たちだけでなくユダ一派も、それはそれで「私の心を知ってはいない」と感じていたんだろうけど。
だからこそ、よけいな詮索をしないでそばに寄りそうマリアに「他の誰より」自分の心を知っていると言ったのかな。
だとして、じゃあ何故ジーザスは自分の考えを語ろうとしなかったのかな、とも思ってみたり。

ジーザスの感情がよく分からないのもだけど、今回のような解釈で見ると、ユダはもっと狡くていいし、マリアはもっと愚かで(その分だけ純粋で美しくて)いいし、民衆はもっと醜くていいとは感じた。
いやまあ、私の解釈が役者さんの向かう方向と同じなのか、何とも言えないからあれですが。
そのへんちょっと物足りないというか、消化不良のところがあるので、少し間をあけてもう一度見てみたいなあ。
やっぱりアンコール公演行こうかな…。

そうそう、下村ヘロデと村ピラトは、さすが安心の存在感でしたね。
村ピラトは、最初に柳瀬ジーザスで見たときには情の人と感じたのが、今回見て理の人と感じて、それがちょっと意外でした。
情がないという意味ではないけど、行動の基準としては、「罪もない男」だから罰するべきではない、という。
下村ヘロデは、何というか自分の中で完璧に近すぎて、逆に言うべき言葉がないです。
もうほんとに、この人以上のヘロデは出てこないんじゃないの。
今回久しぶりに(しかも見たことなかったジャポネスクの方を)見られて嬉しかったです。
ところで、下村ヘロデの太股はエルサレムでもジャポネスクでもアピールするべきポイントなんですね。
いいぞもっとやれ、ってこういうときに使うのか、と理解した(笑)

メモ

放置していた間の、本の感想をいくつかまとめてあげました。
書ける分だけ書いてからにしようかと思ってたのですが、なんだかそれだといつ終わるか分からないので、書いた分だけとりあえず。


あと、面白かったのでメモ。

オーストリアの湖上で開催される「ブレゲンツ・フェスティバル」の巨大な舞台装置が凄い!!
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51999640.html

エリザの割れる舞台もすごいと思ったけど、オーストリアってこういう無茶なセット好きなの…?(笑)
個人的には骸骨と本のやつがすごい好き。

『ヒトラーの秘密図書館』ティモシー・ライバック/文藝春秋

評価:
ティモシー・ライバック
文藝春秋
(2010-01-07)

当たり前と言えば当たり前なんだけど、彼だって何もないところから生まれたわけではなくて、他の誰かや本に影響を受けて、それでああいう人物として形作られていったはずなんだよなあ、と。
生まれつき持っているものと、外から取り込んだものとそこからインスパイアされたものと。
その総和でひとりの人間が作られているんだとして、彼の(こういう言い方をしても良いならば)「異常さ」はその部分のどこかに由来するものなのか、総和の結果なのか。
こういうふうに切り分けること自体無意味なのかもしれないけど、読みながらそんなことを考えていた。
つまり、何かひとつ違っていたら、彼は彼ではなかったのか、それともたいして変わらなかったのか、ということなんだけど。

『衣裳術』北村道子/リトルモア

著者の手がけた衣装の写真が半分ぐらいと、エッセイが半分ぐらいなのですが、そのどちらもが中途半端な印象。
どちらかに特化して欲しかったな、と。
写真も、映画のものばかりだったのですが、それは見ようと思えばいつでも作品を見れば見られるのだし、むしろCMとか雑誌とかで手がけたものが見たかったなあ。

エッセイは、読んでいて草間彌生さんのエッセイを思い出した。
まあ、作品が良いと思ったからって、その哲学にまで共感できるとは限らない、ということかな。

『深読みシェイクスピア』松岡和子/新潮選書

面白かったです。
こういう翻訳ものの原文のニュアンスや、ここでこう言い回し、こういう言葉の使い方をしているのはこういう意味がある、といったことを解説している本がけっこう好きだったりします。
それは単に対象となっている作品についてよく分かるから、というだけでなくて、その言語(この場合は英語)特有の考え方とか根っこみたいなものが多少なりとも感じられる気がするので。
言葉の表面にはなかなか現れないけど、その言語を母国語に持つ人たちには当たり前に共有されているはずの、イメージだとか認識だとか。
そういうものがたぶん本当はいちばん大事なんだろうなあ、と思うのです。
ある言葉を本当に理解するというのは、その言葉の依って立つ文化を理解するということなんでしょうね。
そしてこういう本を読むと、それがとても難しいことだというのを実感する。
言葉が違うだけで見ている世界がこんなにも違うものなのか、と。
たとえばだけど、ある言語で雨を現す言葉がひとつしかないとして、10種類の雨を表す言葉を持つ言語の人とは、やっぱり見ているものからしてまったく違うんでしょうね。

あとは、著者の方が蜷川さん演出のシェイクスピア作品の翻訳を手がけている方なので、その辺の裏話が出てくるのが舞台好きには興味深かったです。
訳文には表れていない本質を捉えてしまう役者の直感というか嗅覚というか、そういうものに凄いなあと思ったり。

『病気の社会史』立川昭二/岩波現代文庫

社会が病気を作り、病気そのものもまた社会に影響を与える。
そういう視点から、歴史の中の病気とその背景を見ていくというところが興味深かったです。
ただ、わりとさらっと流している部分も多いので、もうちょっと詳しい話が読みたかったなあ、という気もしますが。
とりあえず前に読んだ『死の風景』にしてもこの本にしても、この著者の本にはわりとはずれがない印象。

『エニグマ・コード』ヒュー・モンティフィオーリ/中央公論新社

面白かったです。
暗号解読の話というから、前に読んだ『フェルマーの最終定理』みたいな話なのかな、と思ってたのですが、意外と力技でびっくりした(笑)
ただ、暗号表を入手できなくなると途端に解読できなくなるとか、単に一回解読すれば終わりではなかったんだなあ、と。

結局技術そのものがどれだけ優れていても、ヒューマンエラーだけは100%失くすことはできないということかな、と思った。
だからたぶん、いちばん必要なのは完璧な技術を開発することよりも、それをちゃんと運用できる体制を作ることなんだろうなあ。

HAYABUSA BACK TO THE EARTH

面白いって話だったので観てきました。

よくできてて面白いな、というのが感想です。
ああいうのって、事実そのものや言いたいことは興味深くても、作品としては地味だったり面白味に欠けるものが多い印象なのですが、これは見せ方を心得た作りだな、と思いました。
ドラマ重視で難しい話はきれいにすっ飛ばしてるところとか、いっそ潔くて良いです。
詳しいことを知って感動するってのも確かにあるけど、そういうのはとりあえず置いといてわくわくさせてくれるってのも、それはそれでありなんじゃないかと。

そういえばナレーションが何かやたらとかっこよすぎて、ちょっと笑いそうになった。
いや、面白いんだけど、あんなにかっこいい必要はあるの…。
ナレーションだけじゃなくて、演出にしろ映像にしろ全体的にかっこいい感じでしたが。

お稽古でした

今日は仕舞のお稽古でした。

書くのをしばらくさぼってるうちに、歌占が終わって、源氏供養もすんで、今日から高野物狂です。
これって男の狂物なんですねー。
あんまり見ない感じの話で面白そう。
でも舞は難しいです。
型が簡単なので、逆にどうやっていいのか分からなくて。
強くはないにしても、女性のみたいになったら駄目なんだろうし、加減がよく分からないなあ…。

そういえば、次にやるのってことで和布刈と熊野の謡本いただいたのですが。
先生このあいだ、次は安宅やるとかおっしゃってませんでした…?
まあ、安宅あんまり面白くない(…)し、別に良いんだけどさ。

衝動買い?

『花空庭園』(荒俣宏/平凡社ライブラリー)買った。
用事のついでにブックオフに行ったらあったのでつい。
最近あんまり本買ってないので、久しぶりだなあ。

植物画関係のエッセイで、春に名古屋ボストン美術館に見に行った植物画の展示で見た図版とかもけっこうあって、図録を引っ張り出して眺めながら読んでます。
ホント自分こういうの好きだよね…。



* CALENDAR *
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
* ABOUT *
* SELECTED ENTRIES *
* CATEGORIES *
* ARCHIVES *
* TRACKBACK *
* COMMENTS *
* LINKS *
* RECOMMEND *

 モードの迷宮 

  
* MOBILE *
qrcode
* OTHERS *
* SPONSORED *