Previous Entry | Next Entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • |
  • -
  • |
  • -

『ヒトラーの秘密図書館』ティモシー・ライバック/文藝春秋

評価:
ティモシー・ライバック
文藝春秋
(2010-01-07)

当たり前と言えば当たり前なんだけど、彼だって何もないところから生まれたわけではなくて、他の誰かや本に影響を受けて、それでああいう人物として形作られていったはずなんだよなあ、と。
生まれつき持っているものと、外から取り込んだものとそこからインスパイアされたものと。
その総和でひとりの人間が作られているんだとして、彼の(こういう言い方をしても良いならば)「異常さ」はその部分のどこかに由来するものなのか、総和の結果なのか。
こういうふうに切り分けること自体無意味なのかもしれないけど、読みながらそんなことを考えていた。
つまり、何かひとつ違っていたら、彼は彼ではなかったのか、それともたいして変わらなかったのか、ということなんだけど。

スポンサーサイト

  • -
  • |
  • -
  • |
  • -

Comment






 


* CALENDAR *
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
* ABOUT *
* SELECTED ENTRIES *
* CATEGORIES *
* ARCHIVES *
* TRACKBACK *
* COMMENTS *
* LINKS *
* RECOMMEND *

 モードの迷宮 

  
* MOBILE *
qrcode
* OTHERS *
* SPONSORED *