スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • |
  • -
  • |
  • -

お稽古

仕舞のお稽古でした。
このあいだから引き続いて三輪と、おさらいの海士。

三輪はまあ、とりあえず先生に注意されなくなったので、それなりにはできてるのかなあと。
というか、こういうタイプのはある程度なんとかできるようになってきた気がする。
問題は海士がね…。
型がうろ覚えだからよけいにダメなんだろうけど、いまいち自分でやっててもおさまりが悪いのが分かるんだよなー。
けっこう動きが忙しいので、そういうところでつい勢いがつきすぎるのもよくないんだろうな。

謡はあいかわらず中の下がうまく出ない。
何度か練習すれば何とかなるんだけど、いきなりは難しいよ音痴には…。

何というか

仕舞のお稽古の日でした。
三輪と、海士のおさらいの続き。

三輪は、まあまあ何とかなりそうだし、実際に有る程度かたちになってきたかな、と思うのですが。
海士は、…私これやるの前回がほとんど初めてみたいなものだって先生忘れてません……?
謡を謡えるのは、単に大学の頃先輩がやってたから覚えてるだけですよ…?
という感じに、私が覚えてること前提で進められてあわあわしたり。
飛ぶところのタイミング(というか踏み切り)がうまくいかなくて、何度もやりなおしたせいで、膝にあざを作ってみたりとか。

…しかも先生、次は殺生石とかコワイことおっしゃってるしな…。
恐怖の飛び安座が。

暑かった

仕舞のお稽古の日でした。

書くのをさぼっているうちに、和布刈やら熊野やら終わって、今日から三輪です。
三輪、名前は聞くけどどんな話だっけ、と思ったら。
そうか、例の蛇の姿の神様の話かー。
…しかし、あれ「三輪の神様が人間になって女のところに通う話」なのに、これの三輪の神様女なんですけど。
どんな魔改造。

まあ、そんな突っ込みはさておき、筋も雰囲気も謡もかなり好みの感じなので、やってて楽しいです。
ちょっとだけ変わった型があるので、それだけは慣れるまで少し苦労しそうだけど、他はわりとオーソドックスな型ばかり。
その分、雰囲気を出さないといけないので難しいけど、それも楽しくもあり。
謡もこういう雰囲気があって言葉が好みのは謡ってても楽しいし。

ただしそのあと、おさらいの海士で体力根こそぎ削られたりとか。
予報では今日天気悪いって言ってたから、涼しくていいと期待してたのに。
暑かった…。

お稽古でした

今日は仕舞のお稽古でした。

書くのをしばらくさぼってるうちに、歌占が終わって、源氏供養もすんで、今日から高野物狂です。
これって男の狂物なんですねー。
あんまり見ない感じの話で面白そう。
でも舞は難しいです。
型が簡単なので、逆にどうやっていいのか分からなくて。
強くはないにしても、女性のみたいになったら駄目なんだろうし、加減がよく分からないなあ…。

そういえば、次にやるのってことで和布刈と熊野の謡本いただいたのですが。
先生このあいだ、次は安宅やるとかおっしゃってませんでした…?
まあ、安宅あんまり面白くない(…)し、別に良いんだけどさ。

夏日に歌占は辛いです

仕舞のお稽古でした。

歌占も、今日とこの次で終わりです。
仕舞は、なぜかクセの型を半分ぐらい忘れてて、思い出すまでが大変でした…。
でも、強いものの感じをまたちょっと思い出してきた気がするので、けっこうやってて楽しかったです。
キリも、何とか形がついてきた気がするし。


謡の方も、最近はあんまり先生に注意されなくなったので、多少は進歩してるのかなー、と。
私はもともと、外れてるのは分かっててもとっさに直せない、という音痴なので、一回外れると修正できなくて苦労するんですよねー。
中の下とか中途半端な音はホント鬼門。
あと、一緒に習ってる方がおばあさまなので、声の高さ合わせるのが難しくて。
でも、最近は何とか合わせられるようになってきた気がするし、上げ下げとかもそれなりに外さなくなってきたと思う。
仕舞に比べると、謡の方はなんかあんまり進歩が見られなくて、どうしたものか、と思ってたのですが、それでもやってればそれなりに上達するものなのかなー。
まあ、とりあえずもうちょっと上げ下げの符号を覚えるべきだと思うよ、自分。

今日は暑かった…

仕舞のお稽古でした。
まだ「歌占」の続き。

さすがに仕舞の方も、だいぶ型を覚えてきたかな。
どうしても、頭で考えてから動いてるうちは、一瞬引っかかったりとかするし。
今日はキリをメインでやったのですが、ようやく先生から悪くない反応をいただきました。
自分でも、何とかまとまってきたかな、とは思う。
上手くできてる、とは口が裂けても言えないけど。
でもその代わり(?)に、クセがぼろぼろだった…orz
何か、タイミングが合わなくて、やたらと早くなってしまって。
最終的には何とか格好はつけたけど、どうも上滑りしてるみたいな感じだった。
まあ、なかなか全部上手くやる、というふうにはならないなあ。

ああでも、安座はちょっとマシになったと思う。
もうあんまり痛いとかないし。
やっぱり怖がる方が上手くいかないっぽいね、これ。

あとはー、力を入れると手首が曲がりがちになるみたいなので、それを気を付けることかなー?

ずっと考えてるんだけど

今日は仕舞のお稽古。

とりあえず、前回みたいに、体の芯が決まらずにぐらぐらするってのはなかったかなー?
それに、さすがにちょっとずつ型も覚えてきたので、それ以外のところに意識を配分できるようになってきた。
緩急の付け方とか。

でも、いつも強いものって、どのぐらいの力加減でやればいいのか悩む。
あんまり勢いがよすぎると、形が崩れたりするし、かといって、ゆっくりしてても変だし。
…何だろう、筋肉つければ、多少勢いがよくてもぶれないのかな。
それとも、そういうのじゃない何かなのかな。
ずっと考えてるんだけど、やっぱりよく分からない。
この答えが出ないうちは、改善しなさそうで…。

散漫

そういえば、昨日はお稽古でした。

歌占の2回目。
クセは長いし、キリは短いけど型が多くて忙しいし、仕舞はどっちもなかなか大変です…。
そして、何度も安座をするせいで、膝が痛い。
要はあぐらなんだけど、立ってるところから、そのまま安座する型があって、それでよく膝を打つんだよね…。
本当はすねから落ちなきゃいけないらしいんだけど。
痛そうだなー、とか考えるものだから、思い切りが悪くて、どうも上手くいかないのだよね。

それに昨日は、全体的にあんまり上手くできてなかった…orz
重心がどうしても高くなってしまったり、なんか構えからして納まりの悪い感じで。
せっかく強いものがちょっと分かった気がしてたのに、それも思い出せなくて。
何だろうなー、集中できてなかったのかなー。
とりあえず次は、もうちょっと上手く、というか、まともにできると良いな。

ちなみに謡の方は、まだあんまり面白くないです(笑)
だって台詞ばっかりだし。
でも、引き当てた和歌の歌詞で占うという、その内容のこじつけっぷりに、昔から占いってこんなもんだったんだなー、とちょっとばかり笑えたり。

腰痛い…

仕舞のお稽古でした。

今日から歌占です。
クセ、長い上に難しいよこれ。
キリと両方いっぺんになんて、どう考えても無茶だと思います先生…。
ひと通りでも覚えるまでが大変そうだ。
そして、いつもよりお稽古の時間が長かった(曲が長いから…)せいか、腰が痛いです…。

この曲は、一度死んで蘇生した男が、地獄巡りの様を舞ってみせるのが、いちばんの見せ場です。
で、仕舞はまさにその地獄巡りの部分で、詞も地獄のさまざまな責め苦の様子なんかが描かれているわけなんですが。
仏教でもキリスト教でも、何であんなに地獄の様子って生々しいんだろうね、とあらためて思ったり。
何か、無駄に(としか思えない)力の入った描写で、正直言ってかなりえぐいよね。
煮えたぎった銅を飲まされるとかさ…!
天国はあんなに白々しいのに。
スプラッタホラーが面白いと思う(いや私は苦手なんだけど)のと、おんなじようなものなのかなー?
そういえば、幸福は一様だけど、不幸はさまざまだ、というような言葉がどこかになかったっけ。

一段落

今日は仕舞のお稽古でした。

難波はこれで最後。
まあまあ無難には仕上げられたかなー?
足拍子の強弱の件は、次回の歌占に持ち越しですが。
強いものの舞い方を、もうちょっと慣らすというか、体で覚えるぐらいまでできるようになるのと、足拍子が次の歌占での目標。
こっちは内容も面白そうなので(笑)、けっこう楽しみです。
大変は大変そうなんだけどね。
クセとキリ同時進行でやるらしいので、最初のうちは混乱しそうだ…。
まあ、そもそも曲自体も、習い始めのころと比べると難しい(単純に型が、とかではなくて、むしろ型がないのが難しいとか)ので、こういうのを習えるようになった、というのは嬉しくはあるかなー。


* CALENDAR *
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
* ABOUT *
* SELECTED ENTRIES *
* CATEGORIES *
* ARCHIVES *
* TRACKBACK *
* COMMENTS *
* LINKS *
* RECOMMEND *

 モードの迷宮 

  
* MOBILE *
qrcode
* OTHERS *
* SPONSORED *