スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • |
  • -
  • |
  • -

「永遠に花咲く庭」展

f:id:spanker:20100305184251j:image
行く行くと言っていた、ボストン美術館の植物画の展示を、ようやく見に行ってきました。

あー、楽しかったー。
すっごいテンション上がった(笑)
好みのやつとか、なめるように眺め回してきました。
実物は、本で見る以上に細部まで丁寧に描き込まれていて、花びらの質感とかがすごかったです。

というか、ホントになんで自分、こんなに植物画好きだろうね…。
もともと銅版画とかリトグラフとか、版画が好きってのはあるけど。
あの、美しく描こうとする意志と、正確であろうとする意志との、微妙なせめぎ合いというか、そういうのがたまらないのかも。
それと、写真でも動画でも簡単に写せてしまう今から見ると、執念とか執拗とか、そんな言葉で表したくなる丹念さで、しかも手仕事で精緻さを求めようとした、その意志に頭が下がる、というのもあるのかな。
まあ、実際に見る分には、そんな理屈はどうでもよくて、ただ眺めるのが楽しいのですが。

そして、テンション上がった勢いで、図録と一緒にルドゥーテのバラ図譜の本買っちゃったよ…。

メモ

これ気になる。

「大哺乳類展 陸のなかまたち」国立科学博物館
http://www.asahi.com/mammal/

展示も気になるけど、前売りについてるフィギュアがもっと気になる。
ヒツジ…!

行けたら行きたいなあ。
東京、用事があれば良いけど、何もないと、美術館だけで行くのはちょっと遠いよね。
こんなことなら、いっそ戯伝写楽は東京ので取ればよかったよ。

メモ

これ行きたい。

永遠(とわ)に花咲く庭  名古屋ボストン美術館
http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/list/garden-200912/outline.html

こういう植物画とか好きなんだよねー。
ルドゥーテも来てるみたいだし行きたいな。

ところで、今回の図録の出来は良いのだろうか…(笑)
(前に某展示に行ったときは、すごい出来の悪い図録だったから…)

こんなところがあるのね

中谷宇吉郎 雪の科学館
http://www.city.kaga.ishikawa.jp/yuki/

こういうとこって、けっこう微妙なのも多いから、あんまり期待してもあれかもしれないけど。
実験とかは楽しそうだなー。
石川県じゃ、ちょっと行ってくるって距離じゃないのが問題だけどね。
いや、距離じゃなくて、むしろ交通手段のほうが問題か。
あっちの方って、何で行っても遠いよね…。
下手したら、大阪とか東京とかの方が行きやすいし。

残念

松坂屋美術館にベルギー王立美術館のコレクションが来てるって話だったので、ちょっと調べてみたんだけど、コローとかクールベとかその辺が中心なんですね。
デルヴォーとかスピリアールトとか来てるんなら見に行こうと思ったけど、この感じだとなさそうだなー。
クノップフはちょっと気になるけど、そのためだけに行くかなあ。


そういえば、ベルギー王立美術館といえば、ロヒール・ファン・デル・ウェイデンをぜひ日本へ持ってきてはくれないものだろうか。

メモ

大ローマ展  愛知県美術館 2010年1月6日〜3月22日
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/next_index.html

これ行きたいなー。
ここのページに割引券ついてるのね。

そしてたぶん、先生もチェックしてるんだろうなあ(笑)



* CALENDAR *
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
* ABOUT *
* SELECTED ENTRIES *
* CATEGORIES *
* ARCHIVES *
* TRACKBACK *
* COMMENTS *
* LINKS *
* RECOMMEND *

 モードの迷宮 

  
* MOBILE *
qrcode
* OTHERS *
* SPONSORED *